沿革

昭和2年 玉手弘商店創業す。日本毛織株式会社特約店となる。
昭和6年 日本針布株式会社創業と共に代理店となる。
昭和16年 戦時中統制等により一時休業す。
昭和22年6月 日東商事株式会社設立す。
昭和23年6月 高級紡績針製造メーカー株式会社中川製作所の総代理店となる。
昭和24年7月 名古屋市中村区三井ビル内に名古麗営業所を開設す。
昭和25年11月 株式会社富士金属針布製造所の総代理店となる。
昭和26年4月 株式会社中川製作所において多年に亘る研究努力の結果、遂に画期的な「平針」の製造方法を開発し、業界に多大の貢献をなし全面的に採用される。
昭和27年5月 東洋火災海上保険株式会社(現セコム損害保険株式会社)の要請により、同社の代理店となる。
昭和30年6月 株式会社富士金属針布製造所を全面的に経営すると共に、積極的に設備を増大す。その商品の優秀性は業界に広く認められる。
昭和32年6月 各種合成樹脂関係商品の販売を開始、三井物産株式会社との取引関係を結ぶ。
昭和33年3月 日本針布株式会社の総代理店となる。
昭和33年11月 東京都に東京営業所を開設す。
昭和34年5月 岡崎市に岡崎出張所を開設す。
昭和35年5月 泉大津市に泉大津倉庫を建設す。藤倉ゴム工業株式会社の代理店となり、工業用開発商品(ベロフラム、べロフラムシリンダー、ダイヤフラム等)の販売を開始す。
昭和36年11月 泉大津市に日東工業株式会社を設立し、制御機器用「モールドコイル」の製造を開始、その総発売元となる。
昭和37年12月 津市に津出張所を開設す。
昭和38年10月 泉大津市に泉大津出張所を開設す。
昭和40年4月 紡績業界待望のコーマ用〈永久無掃除〉ハーフラップ「NITTO UNICOMB®」を発明し、国内はもとより国際特許を申請、海外各国の特許権を取得す。
昭和42年5月 多田金属工業株式会社(現株式会社ハーマン)、ポリプラスチックス株式会社、新生化学工業株式会社と多年に亘る努力の結果、ワンタッチガス接続器(カチット)をジュラコンで成型することに成功す。
昭和44年3月 取締役社長 玉手 弘、死去にともない、専務取締役 玉手 弘一、取締役社長に就任す。
昭和45年3月 北税務署管内 優良申告法人に表敬される。
昭和45年5月 海外取引の進展に伴い貿易部を新設し、国際特許製品を主とする販売活動を積極的に開始す。
昭和47年3月 カードの高速化、高能率化の技術開発に成功、「ユニカード」の商品名で第二回国際繊維機械総合展に展示す。
昭和48年11月 泉大津市に日東エンジニアリング株式会社を設立し、ユニカードを始め新製品の開発、試作、研究及び商品化を積極的に推進することとす。
昭和50年1月 刈谷市に刈谷出張所を開設す。
昭和50年3月 磁石を利用した紡機用加燃装置、登録商品名「ニットースピンマスター®」の研究開発を開始、国庫補助金を受く。
昭和51年6月 米国 KENRICH PETROCHEMICALS, INC.の日本総代理店となり、画期的なチタン系カップリング剤「KEN-REACT®」の販売権を受く。
昭和53年3月 自動車関連業務拡大に伴い刈谷出張所を刈谷営業所に昇格す。
昭和53年6月 名古屋営業所、三井ビルより近喜第4ビルに移転す。
昭和53年10月 貿易部、水産物の輸入を開始す。業務用冷凍庫及び活オマール海老用いけすを設置す。
昭和54年7月 資本金を2,000万円に増資す。
昭和56年9月 宮城県角田市に角田出張所を開設す。
昭和58年6月 資本金を2,500万円に増資す。
昭和61年2月 スポーツ用品その他の販売拠点として、米国シカゴにBIOMAX,INC.を設立す。
昭和62年11月 総務部・貿易部 梅新東ビル5Fに移転す。
平成元年4月 常務取締役 玉手康之、取締役社長に就任す。前社長 玉手弘一、取締役会長に就任す。
平成2年12月 貿易部輸入食品課、業容拡大に伴い食品部に昇格す。
平成3年6月 本社繊維機器部及び工業用品部を大阪営業所繊維機器部及び工業用品部と改組す。
平成4年11月 食品部、業容拡大に伴い輸入並びに国内販売拠点として大阪市港区に移転す。
平成5年5月 名古屋営業所内に冷凍庫を設置す。中部地区での輸入食品の販売を開始す。
平成6年8月 名古屋営業所、近喜第4ビルより中村区烏森町に移転し輸入食品の拡販の為、活オマール海老用いけすを設置す。
平成7年8月 本社及び大阪営業所を業容拡大に伴い梅新東ビルに移転す。
平成8年1月 金井重要工業株式会社の代理店となる。
平成8年9月 浪速機械工業株式会社廃業に伴い、業務の大半を継承す。
平成10年4月 福岡市に福岡営業所(食品部)を開設す。
平成12年4月 本社社屋竣工す。
平成13年11月 大阪市西淀川区に西倉庫を開設す。
平成14年1月 取締役会長 玉手 弘一 死去す。
平成14年10月 刈谷営業所 lSO14001:1996 認証取得す。
平成16年10月 本社、大阪営業所 ISO14001:1996 認証取得す。
平成17年8月 名古屋営業所 現所に移転す。
平成17年10月 本社、大阪営業所、刈谷営業所 lSO14001:2004 認証取得す。
平成18年11月 北税務署管内 優良申告法人に再表敬される。
平成19年2月 刈谷営業所 新社屋完成に伴い、刈谷市一色町に移転す。
平成24年3月 インドネシア ジャカルタに PT.NITTO SHOJI を設立す。
平成24年1月 平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業(第3次補正予算)に「切れ味の持続性に優れた刃物の表面処理技術の開発」が認定され国庫補助金を受く。
平成25年2月 北優良申告法人会 創立40周年記念総会に於いて最多表敬法人(6社)として表敬される。
平成26年5月 刈谷営業所、西倉庫に太陽光発電システムを導入す。

このページの先頭へ戻る